新型スイフト値引き

新型スイフトの値引き限度額は!?

 

新型スイフトなら意外と大幅値引きも可能です!

 

新型スイフトの値引き限度額は!?

 

新型スイフトの値引きには販売店や、車のグレードによってもバラつきがが出て来ますが様々な車の購入雑誌などの情報によると、新型スイフトの値引きは、13万円くらいが値引き限度額になります。もちろんバラつきがありますが、まだまだ諦めるには早いです。

 

 

新型スイフトを大幅値引きするならクレジット利用

 

クレジットを使えばスズキディーラーもさらに喜んで値引きしてくれます!

 

新型スイフトの値引き限度額は!?

クレジットを使うと値引きが大幅に拡大する可能性が出て来ます。ものすごく意外と思うでしょう。「なんで、クレジットで値引きが出来るの?」と、クレジット利用で値引きが出来るって知らなかった人も少なくないと思います。お得に買うなら“現金一括で!”その方が、金利も掛かりませんから絶対にお得だ。そもそも、値引きを一番大きくするためには、ディーラーが「利益」を出さなくてはいけないんです。ディーラーが利益を出す。儲けを増やすことで、その分私たちが「値引き」して貰える仕組みがあります。

 

ディーラーは当然ですが、自動車メーカーとのつながりはとても強く。ほとんどのところで「○○○ファイナンス」というファイナンスと提携しています。(○○○=スズキなどメーカー名)なんにせよ必ずファイナンスを扱っています。自動車メーカーの希望としては、車はもちろん売りたい、ですが、ついでにクレジットも使って欲しい。そんな風に、車と一緒にうちのクレジットも使ってくれたら嬉しいな〜と思っています。そして、ディーラーはそのクレジットを使ってもらった時にさらに、メーカーから「手当(利益)」を貰うことが出来るので、ディーラーもクレジットを使ってもらうと嬉しいのです。ですから「車購入+クレジット利用」で利益を出すことで、値引き額を大幅に増やすことが出来ます。

 

 

クレジットの利用で「金利」がかかってしまうのですが、それでも「値引き額」が大きく変われば、むしろクレジットの方が金利がかかっていたとしても値引きが大きくなる可能性は大きいです。この方法は、ディーラーのクレジットを利用した場合にのみ適応できる方法なので、気をつけて下さい。
ちなみに公共の金融機関(銀行や信金)のクレジット(マイカーローンなど)は値引きは出来ないの?と思っているかと思いますが、私たちユーザーにとっては、月々の返済があって、ディーラーでお金を借りた場合と何も変わらないのですが、ディーラーにすると、結局現金が一括で支払われる形になるので(銀行がディーラーにお金を払うから)私たちが現金一括払いした時と同じ状態になるので、ディーラーにはメリットがなくむしろデメリットになってしまうのです。

 

 

どうしてもあと一歩「値引きが足りない」と感じた際には「クレジットで払う」と見積もりを出した後に交渉してみて下さい。切り札は最後の最後に出すことで有効な手段となります。新型スイフトの値引き交渉が上手く行くと良いですね。