越前ガニと松葉ガニはどちらギフト用の蟹に向いている?

ギフトに上質な蟹を贈りたいと考えている方は、越前ガニと松葉ガニはどちらがいいのかわかると選びやすいと思います。

 

越前ガニ、松葉ガニは実は同じズワイガニのオスです。産地が違うというので名前も異なるんですね。牛肉でところの黒毛和牛がズワイガニ、松阪牛や神戸牛といったブランドが越前ガニや松葉ガニにあたります。

 

越前ガニとは?

越前ガニは、福井県でとれたズワイガニのオスをさします。三国港と越前港(複数の漁港をまとめてこう呼びます)を中心として福井県内で水揚げされたカニだけを越前ガニと呼びますから、大量にとれるものではありません。

松葉ガニとは?

松葉ガニは産地の範囲が広い。京都から島根県までの山陰地方の、日本海側で水揚げされたズワイガニのオスを松葉ガニといいます。
範囲が広いので、越前ガニよりも漁獲量は多くなります。

 

越前ガニと松葉ガニの違い

蟹をプレゼントに重要なのはやはり味でしょう。越前ガニと松葉ガニではどっちが美味しいのでしょうか。

 

これは、間違いなく越前ガニの方が美味しいです。

 

松葉ガニはしっとりとした甘さがあり、旨みはぎっしりつまっています。茹でただけで上品かつ繊細な味。高級料亭の一品になるとまで例えられる食通がうなる美味しさです。こんなに贅沢な蟹をギフト時期に贈ってもらったら嬉しすぎます。三国港で水揚げされた越前ガニのうち、大きくて姿のいいものは皇室に献上されるそうです。本当に素晴らしいものだけが献上品になることからもその全国でも有数の食材であることがわかりますね☆

 

松葉ガニはパワフルで豪快な味と評されます。しっかりとした旨みとカニみそが美味しいです。それでもブランドのない安価な蟹と比較したら断然美味しいんですよ。

 

水揚げ漁港の数から想定できますが、漁獲量が少ない越前ガニには希少価値があり、販売価格は松葉ガニより高くなります。目安で言うと、越前ガニ1キロは約20,000〜3,0000円以上。松葉ガニは10,000〜20000円以上という感じです。両方ともに日本を代表するブランド蟹なのでどちらを購入しても失敗ということはないでしょう。

 

贈答品として使うなら、高級感があり繊細なおいしさの越前ガニが適し手いると思います。ただし、高級すぎて相手に気を使わせてしまうのが気になる方はあえてランクを下げて松葉ガニにするというのも間違いではないです。先様に合わせて選んであげればきっと良いプレゼントになります。

 

 

越前ガニにはさらに上のブランドが!驚きのお値段

どの蟹もさらなる差別化が必要になってきており、いままでの松葉ガニをさらに上回ったズワイガニを最上級の新ブランド「極(きわみ)」として販売している。

 

この新しい「ブランドがに」は値段が

 

一杯10万円以上

 

になるものもあるとか。およそ通常の越前ガニの3倍程度の価値があるようです。

 

ブランドになるための条件はかなり厳しく

 

重量が1.3kg以上
甲羅の幅が14cm以上
爪の幅が3cm以上

 

大きいというのが特徴ですね。この条件を満たすものが「極み」というブランド名をつけられます。ただこの条件を満たすものは一年で500匹いるかどうか、全体からみた0.3〜0.5%になるそうです。千(せん)にひとつという合格率。一度でいいから食べてみたいですね。