ブランド蟹の品種について|松葉ガニはタラバガニ?

カニと一言で言っても様々な種類があり、有名なのもにズワイガニやタラバガニがありますね。三大カニと表現される言葉がありますが、ズワイ、タラバ、毛ガニがあり、それぞれの品種の中にさらに細分化されてブランドガニが展開されているものです。

 

松葉ガニを例にすると、松葉ガニ自体はズワイガニの事でありますが、山陰地方で水揚げされたズワイガニに該当し、ズワイガニはクモガニ科のズワイガニ属に属し、流通している一般的な種類は3種あります。ズワイガニ、オオズワイガニ、ベニズワイガニが流通している3種であり、松葉ガニはズワイガニの中に当てはまり、さらに松葉ガニには鳥取松葉ガニ、香住松葉ガニ、間人ガニ、大善ガニ等がありますね。

 

国内で最もポピュラーなズワイガニですが、松葉ガニや越前ガニ、こうした有名なブランドは生息海域や水揚げ産地が違うものであり、分類としては全て同じ種類になります。

 

もちろん種類が一緒でも育つ場所で体付きや味が変わってきますから、それぞれブランドとして名物となっているんです。

 

松葉ガニの場合は生息地域が日本海島根県沖から丹後半島、水揚げ漁港は島根県から京都府と限定されており、この辺りの海底地質や餌になるプランクトンの質が、カニが育つ上でも適している場所と言えるでしょう。

 

ズワイガニ自体は日本海全般からオホーツク海まで生息しているのですが、松葉ガニは上記のような生息地域と水揚げ漁港に限られるものを命名しています。
福井県の越前地方で水揚げされたズワイガニは越前ガニ、石川県の能登や加賀で水揚げされたズワイガニは加納ガニ、いずれにも全てズワイガニである事には変わりないです。