国産ブランドカニと外国産の違いは?

外国産のものが良いのか、国産のブランドカニが良いのか意外と分かりにくいところです。贈答用としてしっかり商品選びをしておきたいところ。ブランドカニの特徴についても勉強してみましょう。

 

外国産と日本で獲れたカニはどちらが美味しいのか。
この質問多くいただきますが、意外と難しいんですよね。

 

外国産のカニは日本の船がたくさんの船で出向し、母船に集約冷凍貯蔵をし、日本に持ち帰ったものや外国の漁船が漁獲したものを日本の商社が買い付けて輸入したものがあります。
外国産は一度保管する工程が入るため、鮮度は若干落ちます

 

一方で日本近海で水揚げされたものは、そのまま市や出荷されるために新鮮さという意味では国産の方に軍配が上がります。北海道や福井など多くのカニの産地はありますが、やはり地元で食べると美味しいですよね。

 

鮮度の観点からは圧倒的に国産が美味しい。

 

 

ただし、カニの種類によっては外国産の方が美味しい場合があります。
人気のあるタラバガニやズワイガニは冷たい海域のほうが身が立派に育ちやすいという特徴があるんです。オホーツク海やベーリング海で漁獲されたものが多いのは、有名な産地だからなんですね。

 

私もタラバガニについては外国産の方が確かに美味しいと感じます。
国産大好きな私は本当は国産のタラバガニなのですが、価格と美味しさでは外国産を選んでしまいますね。
是非参考になさってくださいね。