カニって栄養あるの?美容に効果ある?

とっても美味しいカニ、ついたくさん食べてしまうけれど太ったりしないか。身体に悪くないか。意外と知らない蟹の栄養について紹介します。

 

カニギフトを紹介しています「ちぃ」と申します。
私は蟹が好き過ぎてこのブログを書き始めたのですが、美味しすぎてついつい食べ過ぎてしまいます。
カニの魅力は底知れず・・・ですね☆

 

そこで気になったのは、こんなに食べて大丈夫なのかということ。
実は栄養価についても全く知らないことに気付きました。
ましてや年頃の女性なので、カロリーについても気になりました。美味しいものは身体にいいと自分に言い聞かせているタイプですが、意外と知らないなということで調査してみました。

 

 

カニを食べると太る?

実は、蟹は高たんぱく質で低カロリーということです。
脂っこさは感じないので、太るとまでは行かないだろうと考えていましたがコレは良かったです。安心安心^^

 

さらに、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミン群が豊富に含まれているということです。
ビタミンB12も豊富で、これは赤血球を作るために必要な成分のため貧血気味の方は食べると良いのだそう。
神経を正常に機能させる働きもあり、肩こりや目の疲れなどオフィスで働く女性にはかなりありがたいですね。

 

その他、亜鉛、鉄、銅などのミネラル分も豊富で天然のサプリメントといっても良いでしょう。
食べたほうが良い食材と分かり、さらに食べ過ぎないようには気をつけます。

 

 

蟹好きと健康について

カニが好きでいつも友人へのお中元お歳暮、父の日はカニをプレゼントすることにしてます。
次はカニを食べた方が良い理由を探す旅にでましょう。

 

健康にいいのでしょうか。

 

とてもすごい成分がじつは、カニには含まれています。
アスタキサンチンってご存知でしょうか。

 

カニの身と殻には、アスタキサンチンという抗酸化成分が含まれています。
かに身の赤い色がアスタキサンチンらしいです。

 

この成分は高級化粧品にも使われるというもので、その抗酸化力はビタミンEの約1000倍ともいわれてます。
抗酸化成分は摂取するとシミやシワ、老化の原因とされる活性酸素を除去することができ、アンチエイジングとして絶大な効果があるのだとか。
女性にはもってこいではないでしょうか。

 

私のプニプニした二の腕も思えば肌が綺麗なためにこの肌触りなのでは?と脳内変換♪
老化を少しでも遅らせられるなら、食べるっきゃない☆