カニを贈り物にするときの受取日の設定方法のコツ

カニのような生ものを贈り物にする時は、受取日設定は非常に大切です。送り先の方が長期で不在である場合には依頼主に転送される事になります。こうなると普通にギフトとしてお渡しするのは難しくなってしまいます。

 

ちょうどカニをプレゼントしやすい年末やお歳暮という時期は特に注意が必要です。ちょうど年末はお歳暮の時期でもあるのですが、長期休暇が取れる年に数回のチャンスということもあり期旅行や里帰りをするパターンが多くなります。特に年末にカニの贈り物を考えている方は事前に受け取り日や時間の設定を相手に聞いておくと安心です。

 

カニギフトは大抵は北海道など離れた土地から配送してもらうことになります。長期不在の場合配送会社産によって保管期限が設定されています。旅行や出張、入院、このような家を空けてしまう場合は保管期限が切れる可能性が出てきてしまいます。

 

冷凍のカニの場合にはおそらく問題ないのですが、活カニや生で贈る場合には賞味期限が切れる可能性もある点は十分に注意しましょう。

 

 

カニの配送には何日かかるか確認しておこう

プレゼントしたい方と受取日について相談する場合には、事前に今回購入しようとしているカニお店が何日後からお届け日を設定できるのかについて確認しておくと良いです。また、配送時間の区切り選択等についても念のため見ておくと、間違いのない時間調整が出来るようなります。

 

カニ通販サイトを使う時には、先様とお話しする前に
受取日を何日後から設定出来るのか
時間設定はどれくらいの範囲で設定可能か

 

確認しておきましょう!!

 

オススメのカニ通販店の中には売り切れがない限りにおいて、年末年始の注文でも宅配対応してくれている会社もあります。例えば年内配送なら12月28日深夜までの注文分、正月3日までの配送の最終締め切りは29日正午辺りまでという形です。対応してくれる可能な設定があります。

 

12月のような注文殺到の時期でも配達指定出来る店舗が多く、その他の月は当然融通が利きやすいです。

 

カニはクール冷凍便での配送で配達日指定可能の業者が殆どですから、受取日時の設定調整は比較的簡単に行う事が出来ます。

 

自分の家族や帰省先の場合などの場合にはサプライズで黙って贈るのも喜んでもらう演出になると思いますよ。

 

 

生のカニを送りたい

当サイトで紹介しているものの多くはカニを一度ゆでたものを急速冷凍処理をしているものなので、問題ないのですが、市場や百貨店で生のカニを選ぶときにはさらに慎重に先様の予定を聞く必要があります。

 

また、どうしても生が良いという場合には、ギフトカードや商品券のように相手のタイミングや都合で交換出来る金券を選んであげるのも良いと思います。