カニの賞味期限はどれくらい?冷凍状態と解凍済みの違い

カニの賞味期限はどれくらい?冷凍状態と解凍済みの違い

 

ボイル前のカニを冷凍したカニの賞味期限の目安としては、

 

元々冷凍してあったものを冷凍状態でキープするならば約1か月、解凍済みの場合は2日程度になります。

 

業務用の冷蔵庫のような特殊な環境での保存の場合は鮮度を保つ事も出来ますが、家庭用の冷蔵庫の場合は業務用と比べて冷却温度も高めになり冷凍するまでに時間がかかります。ほとんどの普通の方は1ケ月以内に食べた方が美味しく食べる事が出来ます。

 

業務用がマイナス35度から40度で急速冷凍し、鮮度を保つ品質管理も徹底しているのに対して、家庭用はマイナス16度から18度、開閉も多くて中の保存物も触る機会も多くなりますので、保存環境は完璧とはいえません。

 

業務用冷凍庫で冷凍処理された場合には開閉も少なく、中のものを極力触らず保存に徹するならば賞味期限1年以上でも可能ですが、家庭用の冷凍庫を使う場合は1か月を目安としましょう。

 

解凍後の賞味期限は冷蔵庫保存でも2日間程度とされています。やはり解凍後の生ものは早めに食べる事が望ましいです。

 

ただし、カニみそには注意が必要です。関しては身の部分よりも痛みやすいので、解凍状態で取り出して保管は冷凍庫にして保管して2〜3日と考えた方が良いと思います。カニみそ部分はカニから出して別の器に入れて保管してください。

 

美味しく食べるという点で私の最もオススメする方法は、
少なくとも解凍したらカニみそだけは食べておきましょう。

 

です。

 

活け蟹の保存方法について

ちなみに、生や活きた状態でカニをお取り寄せした場合には、やはり保存するときは冷凍にするのが良いです。

 

この自宅での冷凍庫での保存する場合に、手間にはなるのですが、お鍋でボイルしてから冷凍としましょう。生のカニは酸化しやすく、痛みやすいです。またボイルせずに生のままで冷凍してしまうとカニの身の水気が飛び、色も黒くなって見た目にも味にも不安が残ります。

 

 

ボイルカニの賞味期限はどれくらい?

カニの賞味期限はどれくらい?冷凍状態と解凍済みの違い

 

ボイルした状態からの冷凍保存の場合、1週から2週が目安となり、風味が劣化する前に食べてしまう方が良いでしょう。冷凍状態のカニの賞味期限をチェックしてみると、1年と表記されている例が多いのですが、食べる事は出来ても美味しさを求めるならば1か月以内に食べる事が望ましいです。

 

カニは風味によって味が全く変わるものですし、この香りは劣化が非常に早いデリケートな食材です。カニはパーティーなどで食べられることもあり、不足が内容に注文する方が多いので一度に食べきる事が出来ない場合もありますが、上のボイルの解凍自宅冷凍保存をすれば風味を損なう事になりますから、出来るだけ風味を損なわない形で冷凍保存しても、早く解凍して食べてしまった方が良いでしょう。

 

一般的に解凍したカニを再び冷凍するのは避けた方が良いですし、風味を損なわない保存方法や解凍方法を知った上で付き合っていく事が望ましいです。もちろん風味は大切ですが、それ以前に賞味期限は重要な要素であり、冷凍されたもの、解凍済みのもの、それぞれの賞味期限目安を上記のようなものとして捉え、美味しく食べられるようにしましょう。

 

 

カニの賞味期限はどれくらい?冷凍状態と解凍済みの違い冷凍で届く絶品かにお取り寄せはこちらから