毛ガニのブランド蟹ってあるの?

甘味が強くてファンの多い毛ガニ。毛ガニは北海道で主にとれますが、中でも特に美味しいとされるブランド毛ガニがあります。ここでは3つの産地にしぼってご紹介しましょう。どれも甲乙つけがたいおいしさです。

 

 

雄武毛ガニ

 

身がしっかり引き締まり、みそが甘い雄武(おうむ)毛ガニ

 

ブランド毛ガニとして有名な、オホーツク雄武(おうむ)産の毛ガニ。雄武は北海道の北東部、オホーツク海に面した町です。冬には一面が流氷に閉ざされる土地で、流量が運んできたプランクトンをたっぷり食べた毛ガニは身がぎっしり詰まっています。

 

特に冷たい海水の中で過ごした毛ガニは肉が引き締まり、“堅蟹(かたがに)”と呼ばれる特別なカニ。味噌の甘味が強くて、一度食べたら病みつきになる濃厚な味わいです。

 

 

噴火湾産毛ガニ

 

身の食感がほろほろでカニみそが柔らかい噴火湾産毛ガニ

 

噴火湾は、北海道南西部にある広い湾です。ホタテやカニなど魚介類の宝庫ですが、年々、漁獲量が減少しているので毛ガニ漁の期間も短くなってきました。

 

寒い時期の噴火湾毛ガニはとりわけおいしく、大人気のブランド毛ガニです。噴火湾産毛ガニの特徴は、カニの身がやや薄め(少なめ)で、カニみそが柔らかいんです。

 

身の薄さがかえって肉質の食感を独特のものにしており、口に入れるとふんわりと自然に身が開く感覚におどろく人が多いのです。毛ガニ本来の甘味と風味は抜群で、噴火湾の毛ガニしか食べないという人もいるほどです。

 

大黒毛ガニ

 

1日に100尾前後しかとれない大黒毛ガニ

 

大黒毛ガニは、北海道の厚岸町でとれるブランド毛ガニ。厚岸湾の沖にある大黒島周辺でとれる毛ガニで、色が良くて実入りのいい大きなカニだけを厳選して水揚げします。

 

船上で傷や足折れのない毛ガニを選別しているので、非常に状態のいい毛ガニがそろっています。陸にあげてから漁協でも改めて選別しますので、実は大黒毛ガニと認定されるカニの流通量はとても少ないのが特徴です。

 

水揚げ量は1日に100尾前後しかなく、すべてのカニのブランドの中でも特に希少性の高いブランドカニです。とにかく旨みの強い毛ガニのため、カニ好きでしたら大黒毛ガニを探してもよいかもしれません。